【推奨OS・ブラウザについて】
[OS]
Windows XP、Windows Vista、Windows 7、Windows 8
Mac OS X 10.4以降
[ブラウザ]
Internet Explorer 7.x、8.x 9.x 10.x 11.x
Firefox 最新版
Safari 最新版
Google Chrome 最新版
※ただし上記推奨環境範囲内であっても、OSとブラウザの組み合わせ等ご利用環境によっては、一部表示不具合やサービスがご利用になれない場合がございます。



【JavaScriptの使用について】
本サイトでは、サービスをより便利にご利用いただくため、JavaScriptを使用しています。本サイトの機能をすべてご利用いただくためには、お使いのブラウザの設定画面にて、JavaScriptを「有効にする」に設定してください。



【PDFファイルをご覧頂くには】
PDFファイルで提供している文書等を表示するためには、表示するコンピュータ用の「リーダー」と呼ばれるプログラムが必要です。アドビシステム社は各機種用にPDFリーダーであるAdobe Reader(アドビ・リーダー)を無償配付しており、下記のリンクボタンからダウンロードし、ご利用ください。
※「Adobe Reader」は、雑誌等の付録のCDに収録されている場合もあります。
※Adobe及びAdobe Readerロゴは、Adobe System Incorporated(アドビシステム社)の商標です。


1.アイコンをクリックするとAdobe社のAdobe Readerのページへ飛びます。
2.画面の説明に従ってソフトをダウンロードしてください(無償)
3.ダウンロード完了後、ホームページ内のPDF文書をクリックするとAdobe Readerが自動的に立ち上がり、文書を閲覧することができます。
※ダウンロードには時間がかかります。ダウンロードの最中、インターネットへの接続は切断しないで下さい。

Adobe Readerとは?  =PDF閲覧ソフトです
PDF(Portable Document Format)は、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)によって提唱され、インターネット上の電子ドキュメント標準フォーマットとして幅広く利用されているファイル形式です。

PDF文書の最大の特徴はWindows、Mac、その他、見る人のコンピュータ環境に左右されずに文書を表示したり、プリンターに出力したりすることができる点です。
より詳しい情報はAdobe社のホームページをご覧ください。

リーダーを導入(ダウンロード)してもPDFが表示できない場合は
Microsoft社のInternet Explorer(IE)の場合、4.0以降のバージョンでWeb上のPDFを表示する場合、IE側のセキュリティレベルが[高]に設定されていると、表 示できません。インターネットオプションのセキュリティレベルを[中]または[低]に変更してください。セキュリティレベルの設定を変更したくない場合 は、PDFファイルをいったん保存してから、Adobe Readerでファイルを開いてください。