プロジェクト

会員入会のご案内

  • 倉敷観光コンベンションビューロー会員募集中

企業広告掲載のご案内

モバイルサイトのご案内

QRコードQRコードをケータイで読み取ると、モバイルサイトがご利用いただけます。

関連リンク


今月の歳時記/4月

2010年4月 1日

写真:今月の歳時記/4月

「お花見」見るもよし、食べるもよし

《お花見の名所》
・鶴形山公園
倉敷の人が春のお花見と聞いて最初に思い出すのは、何といっても美観地区の北側にこんもりと茂る鶴形山でしょう。
本町通りに面した参道にある鳥居をくぐると、少しずつ桜が見えてきます。参道を進むと立派なシダレザクラが2本咲き誇こり、人々の目を楽しませてくれます。ソメイヨシノやシダレザクラなど120本の花が咲き、夜になるとライトアップもされ、神秘的な夜桜を堪能することができます。近くには阿智神社もあり、サクラを眺めながらゆったりとした時間を過ごした方にお勧めです。
桜が過ぎるとサツキやフジの花が見事です。
鶴形山のサツキ 阿知神社の藤の花

・酒津公園
花見はやっぱり大勢で賑やかにと言う方にお勧めなのは、何といっても高梁川の近くにある酒津公園です。
立派なサクラのトンネルが配水池の堰堤にあり約500本の桜が圧巻です。昼間は、広い芝生公園や、噴水から流れる水辺で子どもたちも大はしゃぎです。夜になると屋台も出てバーベキューをしたり、お弁当を広げるグループがいたりで、飲めや歌えやの大宴会が毎晩繰り広げられます。300台の無料駐車場もありますが、くれぐれも飲酒運転は止めましょう。大人も子どもも華やかに咲き誇るサクラの花を満喫できる公園です。

・種松山公園
種松山全体が公園のように広い園内には、ソメイヨシノやヤエザクラなど約1200本ものサクラが咲き誇っています。遊具や遊歩道も整備され、子ども連れで一日中楽しめるお花見スポットです。山の上にあるので景色もよく、サクラだけではなく、自然と満喫できるところもお勧めです。

・由加山蓮台寺
厄除けの寺として有名な蓮台寺はサクラの寺としても有名です。標高300mの山頂にある境内にはたくさんのサクラが咲き誇り、特に境内にある古木の双樹満願桜は有名です。参道にはお団子屋さんや軽食屋さんもあり、一日中楽しめます。

・円通寺公園
良寛さんでお馴染みの円通寺公園には500本ものソメイヨシノがあります。毎年4月上旬頃には美しいサクラが咲き誇ります。また、3月下旬から4月上旬にはサクラに提灯がつけられ、幻想的な夜桜が堪能できます。
すぐ下の国民宿舎「良寛荘」では、名物「しのうどん」を食べることができます。このうどんは、250年前に良寛さんがお寺の行事の時に食べたと言われ、幅が2センチ、長さが約1メートルの珍しいものです。一日限定15食なので問い合せてから行きましょう。(国民宿舎良寛荘/086−522−5291)

《桜好きの日本人》
それにしても、どうして日本人はこんなにも「桜」にこだわるのでしょうか?
桜の「開花宣言」や「桜前線」という言葉が聞こえ始めると、今度は天気が気になってしかたありません。花見の幹事はもちろんですが、花見に行かない人までもが天気が気になります。それは、「桜」がタダの花ではなく、日本人の人生そのものだからではないでしょうか。
桜の花は、一気にパーと咲いたかと思うと、その美しい姿を見せてくれるのは、ほんの3〜4日だけです。しかも、なぜだかそれをねらったかのように、必ず毎年、雨や嵐になり、「アああ〜」と、言っている間に、見事に散ってしまいます。
365日のうち、3、4日その美しい花を咲かせて人を魅了する「桜」。
歌舞伎の忠臣蔵で「花は桜木、男は武士」と言うセリフにもあるように、「武士道の象徴は桜の花だ」と言う人もいます。そして、本居宣長の有名な歌で、「敷島の大和心を人問はば 朝日に匂ふ山桜花」と、あります。
西洋人が好む薔薇は、花の色も香りの濃厚で、美しいけれどトゲを持っています。なかなか散らず、死を嫌い恐れるように、茎にしがみついたまま色あせて枯れていきます。それに比べて、我が桜の花は、色や香りは淡く、人を飽きさせることなく、自然の召すがままに風が吹けば清く散っていきます。
この桜の本質が大和魂に通じるのではないかと筆者はいつも思っています。

《しかし「花より団子」》
花見に欠かせないのが「お花見弁当」です。
倉敷の人は、春になって美味しくなった瀬戸内の魚貝類や、春野菜がしっかりと入った「ばら寿司」と「地酒」を持って花見に出かけます。
その作り方や混ぜ込む材料は、各家庭で微妙に違います。
「うちのばら寿司は、サワラをぎょうさん(たくさん)入れるんじゃ」
「錦糸卵には、しっかりと砂糖を入れんと、美味しゅうねえ」
などど、持ち寄った料理の話にこちらでも花が咲きます。
別名「見栄自慢寿司」とか、「おすそ分け寿司」と言われるだけあって、いつの間にか隣のグループと合流してしまいワイワイと盛り上がれるのも、桜の摩訶不思議な力でしょう。
浜吉のばら寿司
《ここだけの耳より桜スポット》
観光客で賑わう美観地区は、桜の季節になると、柳が川面まで新緑の葉を垂らしますが、よく見ると倉敷川の掘り割り沿いにもたくさんの桜の花が美しく咲いています。
大原美術館の前や、日本郷土玩具館の向かい側あたりが、見どころポイントです。カメラ片手にどうぞ訪ねてみてください。
大原美術館と桜

美観地区の桜