奈良時代に聖武天皇の勅願によって諸国に建てられた国分寺の一つ。境内に建つ五重塔は県内唯一のもので、国の重要文化財。吉備路の代表的な景観として親しまれています。
国宝の本殿と拝殿など、見事な建築美は必見。吉備津彦命が矢を置いたとされる矢置石や、温羅(うら)(鬼)の首が埋められたと伝わる御釜殿(おかまでん)など、吉備津彦命と温羅にまつわる伝説が残っています。
●体験内容
桃太郎伝説の舞台であり、また古代吉備王国の中心地として栄えた吉備路。貴重な歴史遺産や伝説が数多く残され、出土品や資料などを展示するミュージアムも揃った、古代ロマンあふれるステージです。高度な古代製鉄技術やヤマトとの争い、桃太郎伝説、巨大古墳の謎解きなど、興味あるテーマを自由に設定しての史跡めぐりやミュージアムでの見学・学習など、のどかな田園風景のもとでの歴史体験をお楽しみください。一部が復元された謎の古代山城・鬼ノ城の見学も、感動的です。
お問い合わせ先/
総社市役所商工観光課 0866-92-8277

全国で9番目、県下では2番目の規模を誇る前方後円墳。自然の丘陵を利用して造ったもので、全長286m、高さ24m。古墳の形や出土した円筒埴輪から、5世紀中頃の築造と考えられています。
 
レンタサイクル店は3か所あり、料金や利用時間は全店共通。相互で乗り捨て可能。
・高谷(備中国分寺前)0866-93-3421
・ウエド(JR備前一宮駅前)086-284-2311
・吉備路レンタサイクル荒木(JR総社駅前)0866-92-0233

JR岡山駅に立つ
桃太郎の銅像

吉備路に伝わる温羅伝説は、吉備津彦命が吉備国で悪事をはたらいていた温羅という名の王子を退治したという話。桃太郎の昔話と共通点が多く、吉備路にはストーリーにまつわる史跡が残っています。
鎌倉から室町時代にかけて吉備高原一帯に見られた「むら」のようすを再現した園内では、鑑賞炭つくりやいなか汁つくりなど昔の遊びや生活を体験することができます。公開天文台としては国内有数の口径101cmの反射望遠鏡を設けた美星天文台、備中神楽が見学できる美星吉備高原神楽民俗伝承館などがあります。