江戸時代後期に大規模な塩田を開き、「塩田王国」を築いた野崎武左衛門の屋敷。約3,000坪の敷地には母屋を中心に7棟もの蔵があり、庭のあちこちに茶室が見られるなど当時の勢いをうかがわせます。塩田に関する資料や歴史なども閲覧可能です。
見る、学ぶ、体験する、買う!数多くのジーンズメーカーがある児島でも草分け的なメーカーが運営する日本で唯一のジーンズ資料館です。時代ごとの製品や、ミシン、ポスターなど、貴重な資料を展示。ジーンズ文化の変遷を楽しく紹介しています。リベット打ちやミシン縫いができる体験コーナーも好評です。
瀬戸大橋の開通を記念して建築されたドーム型の記念館。館内には瀬戸大橋をはじめ世界各国の橋の模型が展示され、太鼓橋をかたどった外観は橋として歩くこともできます。
 
 
1988年に開通した岡山県と香川県を直結する本州四国連絡橋の一つ。多島が連なる瀬戸内海の真ん中に架かる、道路・鉄道の併用橋です。毎週土曜と祝日には、日没より橋がライトアップされ、優雅でロマンチックな雰囲気が楽しめます。
 
本州四国連絡高速道路(株)では、「瀬戸大橋」の概要を知っていただくための見学説明会を実施しています。なかでも、橋を支えるアンカレイジ(橋台)の内部へ実際に入っての体験見学は、児童・生徒のみなさん限定の特別企画。北海道から九州まで、そして小学生から高校・高専まで多くの見学実績を重ねている人気の体験プランです。
お問い合わせ先/
本州四国連絡高速道路(株)坂出管理センター管理営業課
0877-45-5511
 
 
瀬戸内海国立公園特別地域であり、国の名勝にも指定されている標高133メートルの景勝地です。鷲が羽を広げた様子に似ていることから「鷲羽山」と名付けられました。頂上『鐘秀峰(しょうしゅうほう)』からは、のどかな瀬戸内の多島美と、瀬戸大橋の全景が見渡せます。特に夕景の美しさは格別で、「日本の夕陽百選」に選定。山腹には二つの展望台があります。
美しい瀬戸内海や瀬戸大橋が一望できる大観覧車、ジェットコースターなど14種類のアトラクションのほか、ブラジルのサンバショー、キャラクターとブラジル人によるビンゴゲームもあり、すべて無料で楽しめます。
瀬戸内海国立公園の代表的な景勝地にある展望台。山頂からは瀬戸大橋や瀬戸内海の多島美が一望できます。
目指せ、大漁!地引き網でエンジョイ!!下津井は岡山県を代表する漁場のひとつ、新鮮な魚介類の宝庫です。そんな下津井でのお楽しみが、大畠海岸での地引き網体験。砂浜いっぱいに明るい歓声が響きます。お昼は児島名物のタコめしで、なんていいですね。
 
児島観光港発着で、瀬戸大橋周辺を約45分間でクルージングし、世界に誇る瀬戸大橋の雄大な姿と瀬戸内海の多島美が満喫できます。