社団法人 倉敷観光コンベンションビューロー

倉敷市の主要年表

939
天慶 2
藤原純友(すみとも)、瀬戸内海で乱を起こす
1086
応徳 3
浅原安養寺裏山から出土した瓦経(がきょう)の願文に年号があった
1183
寿永 2
源平の水島合戦があった(平氏が勝った唯一の戦い)
1184
寿永 3
源平の藤戸合戦があった(源氏が勝った)
1221
承久 3
承久の変で後鳥羽上皇の皇子冷泉宮頼仁親王、児島に流される
1336
延元 元
福山合戦があった(足利直義が大井田氏経の福山城を攻略す)
1550
天文19
このころ玉島湊(みなと)と備中松山(高梁市)間の舟運が開かれる
1582
天正10
羽柴(豊臣)秀吉による備中高松城(岡山市)の水攻めがあった
1584
天正12
宇喜田秀家の家老岡豊前守利勝は千原勝則に命じ、酒津から汐止め堤防を築かせ、倉敷村などの鶴形山周辺から早島にいたる新田を開いた
1585
天正13
岡豊前守利勝、八ヶ郷(ごう)用水を開設する(浜・子位庄・東阿知・三田・西之庄・五日市・早島の八ヶ村)
1600
慶長 5
関ヶ原の戦後、備中国奉行として小堀正次が備中松山城に在任す
1601
慶長 6
倉敷村の水夫(かこ)屋敷が年貢を免除される
*岡山城主小早川秀秋の家臣平岡石見(いわみ)が下津井城に入る
1614
慶長19
大阪冬の陣があり、小堀政一(遠州=えんしゅう)は徳川家康の命により兵糧米(ひょうろうまい)を倉敷から海上輸送する
1639
寛永16
下津井城が廃城となり、池田由成(よしなり)は天城陣屋に移る
1642
寛永19
倉敷村は幕府直轄の天領となり、備中代官として米倉平太夫重種が初代代官として任ぜられる
*水谷勝隆(みずのや・かつたか)が成羽から備中松山城主となり、柏島・乙島・黒崎などの村を支配する
1643
寛永20
松山藩が玉島湊問屋の手形を発給する
1646
正保 3

四国の塩飽(しわく)と岡山藩領下津井四ヶ浦との間で海の境界論争が起こり釜島(かましま)・松島・六口島(むくちしま)は岡山藩領となる

1652
承応 元
高梁川河口から新見(新見市)にいたる高瀬舟の航路が全通す
1658
万治 元
山崎豊治が成羽藩主となり、連島(つらじま)の矢柄・西之浦を領有す*大江(おおえ)・茂浦(もうら)・江長(えなが)は倉敷代官支配地となる
1659
万治 2
松山藩主水谷勝隆、玉島湊を築き高瀬通しの工事をはじめる
1681
天和 元
倉敷村戸数375戸、人口5,392人。この年春の飢饉あり、村内の餓え人541人
1682
天和 2
倉敷代官、倉敷村に初めて船運上(うんじょう=税)を課す(積み高100石につき、1か年銀20匁)
1697
元禄10
丹波亀山(現京都府亀岡市)城主井上正岑(まさみね=のち老中)が備中国都宇(つう)郡・窪屋(くぼや)郡の二郡を領有す
1702
元禄15
高瀬舟の通行に支障ありと、高梁川の取水をめぐって訴訟あり、江戸評定所の裁決がある。原告=玉島・船穂村・乙島など11か村:被告=西阿知・西原・水江の3か村(慣例を尊重し、関係の村総出で川底土砂をさらえよとの裁決)
1717
享保 2
東高梁川河口の福田古新田の開発をめぐって、上流の備中国倉敷・西阿知・酒津・中島など18か村は反対し、備前国児島郡の福田・浦田・広江など5か村と大庄屋を江戸評定所へ訴える(6か年の争いの後、開発できる)
1721
享保 6
東高梁川の堤防が決壊(けっかい)し、倉敷村一帯は大洪水となる
1729
享保14
風水害により、倉敷村は6割の免税(めんぜい)となる
1735
享保20
東高梁川が決壊し、倉敷村全域浸水、稲作は虫害と重なり不作
1738
元文 3
東高梁川の堤防が決壊し、倉敷村一帯は浸水10日間におよぶ
1746
延亭 3
倉敷代官千種清右衛門(ちぐさ・せいうえもん)、倉敷陣屋を建設す
1759
宝暦 9
倉敷・玉島において操り綿問屋の運上が始まる
1769
明和 6
岡雲臥(うんが)らの発起で村の有力者74人で倉敷義倉を設立す
1779
安永 8
僧良寛、玉島円通寺に来て、国仙和尚について修行にはいる
1789
天明 9
大雨で西高梁川が決壊し、玉島一帯が浸水、玉島港水門も破壊す
1824
文政 7
倉敷村古禄と新禄の争いで江戸訴訟となる
1828
文政11
新禄・新禄の争いの結果、村役人を入札(いれふだ=選挙)で選ぶことになる
1836
天保 7
天候不順、高梁川洪水、作物大被害、物価高騰、大飢饉となる
1848
嘉永 元
岡山藩が汲五平(きゅうごへい)に代えて野崎武左衛門、福田新開の開発を命じる〔1847(弘化4)年汲五平が着工〜1852年(嘉永5)年完成〕
1850
嘉永 3
東高梁川の堤防が決壊し、倉敷村から帯江・早島一帯が大洪水となる
1866
慶応 2
倉敷浅尾騒動起こる。長州第二奇兵隊を脱走した立石孫一郎ら150人は倉敷代官陣屋を焼き払い、総社の浅尾藩陣屋を襲撃す
1868
慶応 4
倉敷代官所を没収、高梁川以東は備前藩(岡山)、以西は安芸藩(広島)が管理する
*松山藩士熊田 恰(あたか)の一隊150余人は、玉島港にて備前藩兵に取り囲まれる。熊田は部下の命を助けることを条件に切腹す
*倉敷村は備前藩の鎮撫が解かれ、倉敷県役所を置く。倉敷県知事に内海多
次郎(静岡藩士)が任命される
* 9月8日明治と改元される
1870
明治 3
倉敷県役所を倉敷県庁と改称す
1871
明治 4
倉敷県・福山県などを廃止し、備中と備後6郡を深津(ふかつ)県とす
1872
明治 5
深津県を小田(おだ)県と改称す
1875
明治 8
小田県が岡山県に合併す
*警察屯所(とんしょ)を倉敷に置く
1877
明治10
衣笠豪谷(きぬがさ・ごうこく=画家・農林官僚)が中国の清国(しんこく)から水蜜桃(すいみつとう)の種を持ち帰り植樹す(日本最初)
1878
明治11
茶屋町の磯崎眠亀(いそざき・みんき)、い草の花莚織機(かえんしょっき)を発明す。その製品を錦莞莚(きんかんえん)と命名す
1879
明治12
児島の渾大坊埃二(こんだいぼう・あいじ)、玉島の難波二郎三郎(なんば・しろさぶろう)が紡績機械の払い下げを内務省に出願す
1880
明治13
渾大坊埃二が児島に下村紡績所を開設す
1881
明治14
難波二郎三郎ら乙島に玉島紡績所を開設す
1882
明治15
倉敷川に岡山までの旅客船の航海業「偕力社」が開業す
*玉島の沙美(さみ)海水浴場が県下で初めて開場す
1884
明治17
暴風雨による大津波が発生し、福田、乙島、勇崎など各村は大被害となる
死者行方不明者655人の内ほとんどが福田新開における犠牲者のため、福田村では供養の千人塚(せんにんづか)を建立す
1888
明治21
大原幸四郎ら倉敷紡績所を設立す
1891
明治24
倉敷郵便局が電信を開始、倉敷郵便電信局となる
*倉敷村が倉敷町として町制を施行す
* 岡山・笠岡間に山陽鉄道が開通す
1902
明治35
大原孫三郎ら倉敷日曜講演会を始める
1909
明治42
倉敷電灯株式会社が設立す
1910
明治43
明治天皇が陸軍大演習のため西岡山御野立所へ来られる
1911
明治44
国が高梁川改修工事事務所を設置し、着工す(大正14年完成)
1913
大正 2
下津井軽便鉄道が児島味野と茶屋町間に開通す
1916
大正 5
高梁川東西用水組合を都窪・浅口・児島郡の関係市町村で設立す
1918
大正 7
米価が暴騰(ぼうとう)し、米騒動が起きる(岡山・倉敷・玉島に波及)
1921
大正10
児島虎次郎収集の西洋名画展を倉敷小学校で初めて開く
*倉敷から伯備線を起工す(昭和3年に米子までに全線開通)
1923
大正12
倉敷酒津上水道が完成し、翌年から倉敷町へ通水す
1926
大正15
原澄治、倉敷天文台を創設す
昭和 元
霞橋(かすみばし)の建設に着工す(鉄橋=611m、完成は昭和3年)
1927
昭和 2
鶴形山トンネルが開通す(105m)
1928
昭和 3
倉敷町が倉敷市として、市政を施行す
1930
昭和 5
大原美術館が開館す
1931
昭和 6
塩飽騒動(しわくそうどう)がある。下津井漁民と香川県漁民争い
1940
昭和15
国道2号線が倉敷まで開通す
1941
昭和16
海軍の命により三菱重工業は水島航空機製作所建設に着工す(昭和18年完成、19年に第1号機が飛び立つ)
*東高梁川の廃川地に水島市街地が造成される・水島鉄道を開通す
1945
昭和20
水島航空機製作所が爆撃され、壊滅状態になる
1948
昭和23
児島町が児島市として、市政を施行す
*水島鉄道が一般乗客の利用に営業開始す(ピーポーと呼ばれた)
*倉敷絹織鰍ェ日本で最初にビニロン工業化試験設備を完成さす(昭和25
年生産開始)
1949
昭和24
倉敷市営球場が完成す
1950
昭和25
岡山県南部上水道組合が設立す(旧三菱の水道を買収し開始)
*水島に警察予備隊(自衛隊)が駐屯(ちゅうとん)す(昭和32年閉鎖)
1951
昭和26
水島鉄道を倉敷市が買収す
1952
昭和27
玉島町が玉島市として、市政を施行す
1955
昭和30
水島に工場勧誘致第1号として日本興油
1958
昭和33
三菱石油水島工場を誘致す
1959
昭和34
日本鉱業水島製油所を誘致す
1960
昭和35
水島港に初の外国船(プリンスダル号)が入港す
1961
昭和36
川崎製鉄水島製鉄所を誘致す
1963
昭和38
国道2号線バイパスに着工す
1964
昭和39
岡山県南地区が新産業都市に指定される
1967
昭和42
新しい倉敷市が発足(倉敷・児島・玉島の旧3市が対等合併)

<引用文献>倉敷市歴史年表(倉敷市文化連盟)から引用し、岡山県史・年表を参照





Copyright 2003 社団法人 倉敷観光コンベンションビューロー