留学生取材レポート一覧

神戸
鳴門
琴平
倉敷

神戸ビーフステーキについて

神戸牛は普通の牛肉よりとても柔らかくて、くせのない味です。噂のとおりとても美味しかったです。鉄板焼きのスタイルは中国ではあまり見られないので、私たちは初めての経験でした。
シェフが焼き加減を聞いてくれて、目の前で焼きます。私たちはそれを食べるだけです。神戸牛は高級な牛肉として中国でも有名なので、面白い体験でした。今回は一つのショーの感覚で食べました。
肉の味はいいけど味付けが日本的だと思いました(塩が薄い)。ポン酢たれも中国人にとっては味が薄いと感じます。たれが薄いと感じると全体的な印象が落ちるのは残念です。 神戸牛のイメージは焼肉のイメージでしたが、今回は鉄板焼きでした。
残念ながら日本の焼肉のたれはあまり好きではありません。理由は甘すぎるからです。実際中国人はゴマだれが好きで、中国では練りゴマ、香菜、ねぎ、しょうゆ、砂糖、酢などが入っています。