留学生取材レポート一覧

神戸
鳴門
琴平
倉敷

倉敷のお土産

下津井港は瀬戸内海の新鮮な魚が獲れます。「ままかり」は小魚で日本人が普段よく食べていますが、このような小魚は朝食にごはんといっしょに食べます。「ままかり」の意味は「ごはんが足りないときは他の家からごはんを借りて食べたい」というものです。それほど美味しいということです。倉敷駅の売店等で売っています。
「たこ」も瀬戸内海でよく獲れます。身が柔らかく刺身にしてもとても美味しいです。これは干してあります。鷲羽ハイランドホテル(電話:086-479-9500)売店内にあります。住所:倉敷市下津井吹上303-17
これはマスカット・オブ・アレキサンドリアの白ワインで、ブドウのほのかに甘い香りがただよいます。倉敷駅の売店等で売っています。
これは「むらすずめ」という倉敷の有名なお菓子です。とても甘くて中の黒いものはあんこ(豆)です。倉敷ではとても人気があります。倉敷美観地区の「橘香堂(電話:086-424-5725)」で販売されています。この店では焼きたてのものを販売しています。住所:倉敷市阿知2-22-13