留学生取材レポート一覧

神戸
鳴門
琴平
倉敷

大橋家住宅(国指定重要文化財)

私たちは大橋家住宅を見学しました。ここは西暦1796年ごろに建設された旧家です。とても財力のあった家だそうで、この建築を見るとその様子がわかります。中でも一番有名なのは「長屋門」という入り口で、これは特別に作られた門です。住所:倉敷市阿知3-21-31 大人500円 小・中学生300円 高齢者・障害者・団体の方の割引あり
中に入ると美しい庭が見られます。
日本間の「ふすま絵」もこの家にふさわしいと感じます。倉敷はフランス人がよく観光に来ますが、この日も多くのフランス人観光客を見かけました。
日本の旧家には古い人形が保存されていますが、これらはその家庭の女の子のための飾りです。日本的な建築として大橋家住宅を是非見学してほしいと思います。