留学生取材レポート一覧

神戸
鳴門
琴平
倉敷

大谷焼きについて

私たちは「大谷焼 元山窯田村商事」のお店で大谷焼の体験をしました。この写真は器の基礎を作っているところです。焼きあがると器が少し小さくなると聞いて、それを予想しながら自分の好みの大きさに仕上げています。
ろくろを回す後姿ですが、真剣に取り組むと時間はすぐに過ぎていきます。今回生まれて初めて陶器作りを経験しました。私はポットみたいな器をイメージしてデザインをしましたが、皆それぞれに好きな図案を入れて完成させます。自分だけの特別なものにしたいと思って私はそれに取っ手を付けてみました。この日の作業は焼き上げ前までの段階で終了して、後日窯で焼くことになりました。完成までに約一ヶ月ほどかかりますが、出来上がりがとても楽しみです。
ついに私たちが作った大谷焼ができあがりました。一つ一つデザインが違います。それらに自分の名前を入れたり、ハートマークをいれてみました。
初めて飲み物を入れて使っている写真ですが、これから大切に使いたいという思いが湧いてきます。