留学生取材レポート一覧

神戸
鳴門
琴平
倉敷

霊山寺の境内について

日本の寺の境内や日本庭園には必ず池があり鯉が泳いでいます。日本では鯉は観賞用の魚として人気があります。鯉を食べる人もいますが、海の魚ほどは好まれていません。
これは「水子観音」と言って死亡した子供の供養のための像です。とても愛らしいので写真に撮りました。
沢山の巡礼者がやってきています。ほとんどの人は高齢者です。歩いて八十八箇所もまわることが出来ない人や、急いでいる人は自動車で廻ったりするそうです。
お土産も販売されていました。鳴門金時の芋菓子です。