国指定重要文化財 旧野﨑家住宅・塩業歴史館
  • 駐車場:国指定重要文化財 旧野﨑家住宅・塩業歴史館
  • 障害者割引:国指定重要文化財 旧野﨑家住宅・塩業歴史館

江戸時代後期に製塩業で財を成した野﨑武左衛門が天保4年(1833)頃から建築した大邸宅です。
約3,000坪の敷地には、枯山水の庭園、約42mの奥行きがある主屋、表書院、土蔵群、茶室、水琴窟があり、雄大な規模の上層民家であると、国の重要文化財に指定されています。
塩業歴史館も併設されていて、塩づくりの歴史の展示があります。
また、塩づくり体験(要予約)もできます。

住所 倉敷市児島味野1-11-19
電話番号 086-472-2001
FAX番号 086-472-2636
Eメール nozakike@mx2.kct.ne.jp
開館時間 9:00~16:30(17:00閉門)
休館日 月曜日(但し、祝祭日のときは翌日)
年末年始(12月25日~1月1日)
料金 大人500円
小・中学生300円(土日祝は高校生以下無料)
団体割引30名様以上2割引
駐車場 無料(普通車36台・バス5台) 
おすすめ ■展示予定
●「館蔵 名品展」
◇期間:H28.9/8~11/20
◇内容:当館は、平成29年度に開館30周年を迎えます。このたび、開館30周年を記念して、今秋と来春に所蔵品の名品を展観いたします。江戸時代から製塩業や耕作地経営で財を成した野﨑武左衛門(1789~1864)やその孫の武吉郎(1848~1925)は、実業をおこなうかたわら、書画・陶磁器・茶道具など幅広い分野の美術品を約5,000件蒐集しました。そして現在に至るまで、ほとんど散逸せずに伝わっており、全国的に見ても希少なコレクションです。このうち本展では、明治天皇の天覧に供された絵画や幕末の天才陶工である仁阿弥道八の色絵寿老人像など、当館の代表的な所蔵品をご紹介いたします。
●「野﨑家のお雛様展」
◇期間:H29.2/1~4/9
◇内容:岡山藩主から贈られた享保雛など雛人形を集めた野崎家のお雛様展。 通常非公開の100畳敷の野崎家別邸で開催される「お雛同窓会」は2月下旬〜3月上旬のみ。
 

地図・アクセス

JR児島駅から徒歩25分 児島インターチェンジから車で10分